令和3年度処遇改善加算計画書・特定処遇改善計画書について

1 対象事業所
  リハビリデイサービス大きな手・あべの

2 対象職員 正規介護従業員 非正規介護従業員

3 改善期間 令和3年7月~令和4年6月

4 処遇改善加算の区分 加算Ⅰ  特定処遇改善加算の区分 特定加算Ⅱ

5 改善方法及び金額
  ①処遇改善手当
   正規従業員 月額20,000円~60,000円  非正規従業員 時給100円~400円
  ②業績手当(稼働率85%以上を条件として、達成した翌月支給)
   正規従業員 月額5,000~20,000円   非正規従業員 5,000円×(週労働時間÷40)
  ③一時金 在籍1年以上の正規従業員に対して支給。
   支給時期  6月  12月
   ※期中に事業収入が増減した場合は、一時金の額を増減して調整する。

6 キャリアパス要件
  ①キャリアパス要件Ⅰ
   イ)職位、職責又は職務内容に応じた任用の要件は、「就業規則」第9章「キャリアパス」に定める。
   ロ)職位、職責又は職務内容に応じた賃金体系は「給与規定」に定める。
   ハ)「就業規則」「給与規定」を事業所に備え付けることで周知する。
  ②キャリアパス要件Ⅱ
   イ)資質向上のため、ビデオ研修を導入する。必要研修を網羅した年間研修計画に従って、事業所毎確実に実施する。
   ロ)「研修計画書」を配布することで周知する。
  ③キャンパス要件Ⅲ
   イ)昇給は毎年4月に行う。「人事評価」と「経験年数」に応じてなされる仕組みとする。
   ロ)「就業規則」「給与規定」を事業所に備え付けることで周知する。

7 職場環境等要件
  ①資質の向上
   研修の受講やキャリア段位制度と人事考課との連動。
   公的資格取得支援として受験費用を援助。
  ②職場環境・処遇の改善
   ミーティング等による職場内コミュニケーションの円滑化による個々の介護職員の気付きを踏まえた勤務環境やケア内容の改善。
  ③その他
   中途採用者(他産業からの転職者、主婦層、中高年齢者等)に特化した人事制度の確立。
   非正規従業員から正規従業員への転換を奨励、積極登用。